米の粉 米の粉

小麦粉の代用として使える「製菓用米の粉」 小麦粉の代用として使える「製菓用米の粉」

米の粉
米の粉 詳しくはこちら
米の粉お徳用
米の粉お徳用 詳しくはこちら
「米の粉」の入ったミックス粉もおすすめです! 「米の粉」の入ったミックス粉もおすすめです!
米扮のクッキーミックス 米扮のクッキーミックス 米扮のクッキーミックス 詳しくはこちら
米扮の蒸しパンミックス 米扮の蒸しパンミックス 米扮の蒸しパンミックス 詳しくはこちら
米扮のホットケーキミックス 米扮のホットケーキミックス 米扮のホットケーキミックス 詳しくはこちら
手作りセット新潟県産米扮のシフォンケーキミックス 手作りセット新潟県産米扮のシフォンケーキミックス 手作りセット新潟県産米扮のシフォンケーキミックス 詳しくはこちら
カスタードやシチューなどとろみづけにも…トローリ! パンやケーキ生地はモチモチ、しっとりふんわり! 揚げ物はカラッと!

「米の粉」とは

小麦及び小麦グルテンを含めた添加物を使用せず、お米100%の「米の粉」です。
小麦粉の代用としてご使用いただけます。
小麦粉を使ったメニューには、小麦粉に対して5割程度を「米の粉」に置き換えて、パン作りに使用する場合には、強力粉の2~3割を置き換えてお使いください。
「米の粉」と言うと、和菓子材料の「上新粉」や「もち粉」「上用粉」を思い出しますが、この「米の粉」は独自の粉砕方法で、小麦粉の約1/2ほどの粒子なので、生地がよりなめらかで、きめ細かく、しっとり!クッキーなどはサクッとホロホロとした食感に仕上がります。

「米の粉」のよいところ

作る生地により様々な食感! 粉の粒子が細かいので、ふるう必要がありません 油を吸いにくいので、嬉しい低カロリー “グルテンフリー”で気軽に使える?! お菓子やパン以外、お料理にも大活躍!! 国内産「米の粉」です。

栄養成分表示 栄養成分表示

保存方法

小麦粉同様「米の粉」は湿気に弱いので、開封後は密封容器に入れ、冷暗所で保存し、できるだけ早く使い切ってください。

「米の粉」特徴と使い方のポイント 「米の粉」特徴と使い方のポイント

吸水性と
吸収率
「米の粉」は小麦粉と比べると、かなり吸水性があります。「米の粉」の分量の10~15%の水分(水や牛乳等)をプラスしてください。(水分量につきましては、レシピ配合、水分の温度・湿度によって多少異なります)
小麦粉に比べ「米の粉」は油を吸収しにくい為、天ぷらやフライに使用するとカラッと揚がります。
粒子 生地は水だけでもつながる独自の超微粒子です。
泡立て方 ふわふわのスポンジケーキやシフォンケーキなどを作る際、卵はハンドミキサーでしっかりと泡立ててください。
持続 スポンジケーキやロールケーキ、パウンドケーキなどは、焼いた当日よりも一日寝かせた翌日の方が、よりしっとり美味しく召し上がれます。
保湿に優れているので、パンなどはもちもち、しっとりが長持ちします。
エネルギー 100%米なので素早く糖に変わり、体を動かすエネルギーになります。

お問合せの多い「米の粉Q&A」

  • 原料の「うるち米」はどのようなお米ですか?

    一般家庭でお召し上がりいただいているお米のことです。

  • 原材料中「米」以外になにか混ざり物はありますか?

    原材料中にもありますように100%「米」です。グルテンも含まず、製造工場も「米の粉」専用ラインであり、食品衛生法によって義務付けあるいは推奨されているアレルギー症状を引き起こす食品27品目(小麦を含む)は使用しておりません。
    しかし、米は農作物の為、気候の変化や災害(台風や水害など)の影響により、米以外の食品成分が混入する可能性が100%ないとは言い切れません。あるいは、小売店で購入した商品に何らかの原因で小麦粉が付着して、それに気付かず家庭内に持ち込むなど、全く想定できない混入経路もゼロではありません。弊社の見解としましては、「米の粉」商品を製造する際は、アレルギー食品のコンタミを起こさないよう最大限の注意を払っておりますが、製造工程以外では、混入する場合がありますのでご了承ください。

  • 「米の粉」と「上新粉」とは、どう違うのでしょうか?

    粒子の大きさ、たんぱく質の含有量の差があります。「米の粉」は粒子が細かいので、さらさらでキュッキュッとした感触を持ち、キメが細かい生地に仕上がります。また、たんぱく質の含有量も少ないので、ベタつきがなく仕上がります。

  • 「米の粉」だけで「パン」を作れますか?

    グルテンが含まれていないので、「米の粉」だけでは難しいです。「米の粉」だけでなく、強力粉と混ぜて作れば、もちもちふっくらとしたパンが焼けます。(強力粉の分量の約1/3量をおきかえるか、グルテンを加えます)

  • ホームベーカリーを使えば「米の粉」100%でパンが焼けますか?

    「米の粉」はグルテンを含まないので、ホームベーカリーを使っても美味しいパンを作るのは難しいかと思われます。ホームベーカリーでパンを作る場合も「米の粉」だけでなく「強力粉の1/3量」ほどを「米の粉」におきかえるか「グルテン」を加えてお作りください。

  • 小麦粉の代わりにお料理に使えますか?

    使えます。小麦粉よりも1割ほど水分を増やしてください。
    お菓子やパン作りのほかにも「お好み焼き」「天ぷらの衣」「シチューのとろみづけ」など、小麦粉の代用として幅広くお使いいただけます。

  • 脱酸素剤は必ず入っていますか?

    入っておりますのでお使いになる際には、気をつけてください。

  • 「米の粉」の中に入っている脱酸素剤は、開封後も入れたままで大丈夫ですか?

    脱酸素剤は粉を保管する際に袋の中の酸素をなくす為に入っておりますので、入れたままで大丈夫です。粉の中で脱酸素剤が破れないようにご注意ください。

  • 開封後は、どの位日持ちしますか?

    開封前であれば360日持ちます。開封後は個々で保管場所、温度、湿度等の状況が変わりますので、一概に何日とは言うことができません。なるべく早めにお使いください。