採食健美ナッツ&ドライフルーツ「バナナチップ」

おやつ感覚で食べるエナジーフルーツ

ポテトチップスのような形をしたドライフルーツであるバナナチップ。ドライフルーツの中でもスナック感覚で手軽に食べられる唯一の存在です。
バナナは元来栄養たっぷりの果物ですが、チップにすると栄養素が凝縮され、ミネラルや食物繊維も増えてきます。大人からお子様まで好まれる定番おやつのバナナチップを今回は掘り下げてご紹介します。

バナナチップの写真

バナナチップのプロフィール

バナナ畑の写真

  • バナナの木:バショウ科バショウ属の多年生植物
  • 収穫:
    多年生植物であるバナナは年に数回収穫ができる植物です。株分けしたバナナの苗を使い、開花から収穫まで約10ヶ月を要します。トウモロコシのような形をした紫色の蕾が葉っぱの中央から出て、それが開くと端に花をつけた小さいバナナが連なって出てきます。最初は下を向いている小さなバナナは太陽に向かって先端の花を上に向けて育っていきます。育ったバナナは緑色の状態のまま収穫され、追熟工程を経て出荷されます。
  • 収穫前のバナナの写真

  • 生産国:フィリピン、インド、中国
  • 特徴:
    バナナの糖質は運動のエネルギー補給に効果的です。高血圧を予防し、体内の余計な水分を排出する、むくみ対策に有効な「カリウム」が豊富に含まれています。また、筋肉や血液を作り出す「ビタミンB6」や便秘予防につながる「食物繊維」も豊富に含んでいます。

共立食品のバナナチップ

【『サバ種』と『キャベンディッシュ種』】世界中で栽培されているバナナは、大きく「生食用」と
「料理用」に分類され、その種類は300種類以上あるといわれています。(諸説あり)たくさんある種類の中、共立食品がバナナチップに選んだのはフィリピンで生産されている「サバ種」と「キャベンディッシュ種」です。
		【サバ種】太くて短い味の薄いバナナであるサバ種。料理用に使われるバナナで、加工前はジャガイモに似た硬さです。油との相性が良く、現地では砂糖で糖漬けした後、ココナッツ油でフライし香料で味付けされます。
        【キャベンディッシュ種】日本でも生食用として食べられるキャベンディッシュ種のバナナ。サバ種と同じく糖漬けしてココナッツ油でフライもできます。
元々の香りが強いため香料は使われずに仕上げています。

【バナナチップの選別方法】平べったい形をしたバナナチップ。
日本国内でパックする前には異物が付着していないかを厳しい目でチェックする工程が必要です。当然ながら表と裏をチェックしないといけません。
		しかし、一日に多くのバナナチップを選別員が手でひっくり返すのは至難の業です。
        そこで、バナナチップをひっくり返す専用の機械が登場し、スピーディな選別を可能にしています。
        【安全・正確な選別を心がけています!】

こんな時にバナナチップ!

全国のスーパー、コンビニエンスストア、百貨店にて好評発売中です。