採食健美ナッツ&ドライフルーツ「ナッツの香ばしさの秘密 ロースト工場探訪」

国内工場で、年間約4,715tをおいしくロースト!

現在共立食品がローストする原料は、アーモンド、カシューナッツ、クルミ、ピスタチオの4つ。埼玉県草加市と福岡県南区の2工場で製造しています。海外から買い付けた原料を厳しい検査を経て、ロースト及び味付けを行い、袋詰めをしてお客様にお届けしています。2工場で年間約4,715トンの原料を生産し、主要原料であるアーモンドで換算すると、25メートルプール約16杯分の量になります。

ピーカンナッツのスイーツ写真とテーブルの写真

ピーカンナッツのプロフィール

ピーカンナッツ畑の写真

  • 工場名:共立食品工業株式会社 中根工場
  • 所在地:埼玉県草加市
  • 原料品目:
    アーモンド(味付き・素焼き)
    カシューナッツ(味付き・素焼き)
    クルミ(素焼き)
    ピスタチオ(味付き・素焼き) 2018年4月現在
  • 製造ライン:3基
    日産平均製造量(素焼きアーモンド換算):約13.8トン
  • ピーカンナッツ畑
  • 工場名:
    ケーズファクトリー株式会社 福岡工場
  • 所在地:福岡県福岡市南区
  • 原料品目:
    アーモンド(味付き・素焼き)
    カシューナッツ(味付き・素焼き)
    ピスタチオ(味付き・素焼き) 2018年4月現在
  • 製造ライン:2基
    日産平均製造量(素焼きアーモンド換算):約5.8トン

脂肪をバランス良く含むピーカンナッツ

日々、おいしいナッツをお届けする共立食品のロースト工場をご案内します! <ロースト工場>【1 原料受け入れ】毎日、海外から買い付けた原料が工場へ届けられます。【2 検査サンプル抜き取り】直ぐにロースト機に入れて焼くわけではなく、様々な検査をするためサンプルを抜き取ります。【3 原料一時保管】検査が終わるまで1~2『日の間、温度湿度が管理された工場内の倉庫スペースで保管します。 <検査室>【4 水分値検査】検査サンプルを木のハンマーで砕き、火にかけて水分を飛ばします。蒸発し軽くなった重量の差を水分値として算出します。【5 菌検査】砕いた検査サンプルを試薬と共に腐乱機で培養し、大腸菌、真菌、酵母菌を調べます。【6 過酸化物価検査】検査サンプルの油を半日かけて専用の機械で抽出し、油脂の劣化指標である過酸化物価を調べます。<厳しい基準をクリアした原料として製造工場にGOサインを出します。> <ロースト工場>【7 原料投入】基準値をクリアした原料をロースト機に入れます。【8 風力選別・比重選別・一時選別】細かい粉を風力で吸引除去し、割れたものや欠けたものを比重選別(振動ふるい機)で取り除きます。その後、虫食い等の原料や石等の異物を検査員の厳しい目でチェックします。 【9 ロースト】長年の経験で培った各原料に合う温度と時間でロースト。比較的割れにくい原料は熱風で、割れやすい原料は遠赤外線で焼き上げます。【10 一次冷却】焼き上げたナッツは約100℃。送風機で粗熱をとります。 【11 オイル・塩を投入し撹拌(ミックス)する】自動オイル供給機でナッツをオイルコーティングし、マニュアルに沿った分量の塩を振りかけ、ミックスして馴染ませます。【原料排出】まだまだ温度の高いナッツを、割れないようミックス機から出します。【12 2次冷却&2次選別】まだ熱いナッツを送風機で冷ましながら目視で検品。取り除き漏れした不良品を除去。 【13 金属検査】鉄やアルミに反応する金属探知機で最終確認。【14 原料計量・箱詰め】内側にビニール袋をいれた段ボールで、各原料の重量を計量して梱包します。粗熱をとるため、あえて内側のビニール袋は封をせず、箱詰めします。<ロースト工程完了!理パック工場でパッキングされた後、出荷されます。>

毎日の食卓に、ナッツ職人のこだわりの逸品を!

全国のスーパー、コンビニエンスストア、百貨店にて好評発売中です。