アイシングを楽しもう!アイシングを楽しもう!

アイシングとは

粉糖と卵白や水(または牛乳)を練ってペースト状にし、クッキーやケーキなどにぬったり、模様を描くことをいいます。
粉糖、食用色素、水分等を混ぜて作るアイシングはクッキー、ドーナツ、マフィンなどいろいろなスイーツにデコレーションして楽しめます。

クッキー/ドーナツ/マフィン

作り方

粉糖(シュガーパウダー)
粉糖(シュガーパウダー)
商品詳細
● ロイヤルアイシング
(基本の分量)
粉糖(シュガーパウダー)
…200g
卵白
………1個分(約30g)
レモン汁…少々
食用色素…少々
手軽に水
(または牛乳)で作る!
● アイシング
(基本の分量)
粉糖(シュガーパウダー)
…70g
水(または牛乳)
………小さじ2
レモン汁…少々
食用色素…少々

ボウルに粉糖を入れ、卵白(または水または牛乳)を少しずつ加えて様子をみながらツヤがでるまで混ぜ、レモン汁を加えます。

※固かったり、作業中に乾燥してきたら水分を1滴ずつ加えて調整します。ゆるい場合は粉糖を加えて調整します。

アイコン
アイシングの固さの目安

  • をぬるときの状態

    面をぬるときの状態持ち上げたときにたらりと垂れる位の固さにします。

    ※スプーンですくって落とした時、アイシングがすぐに消える状態が目安

  • を描くときの状態

    線を描くときの状態スプーンですくってみてゆっくりと落ちる位の固さにします。

    ※スプーンですくって落とした時、アイシングが5~7秒位で消える状態が目安

  • ※2種類作るのが大変な時は『線を描くとき』の固さにします。
  • ※水分は一度に全量入れずに必ず少しずつ加えて調整してください。

塗り方

  1. 枠を描きます。
  2. アイシングを塗らない部分の枠(例:ハートの枠)を描きます。
  3. 間を塗って乾かします。乾いたら別の色で描きます。※トッピングはアイシングが乾かないうちにつけます。
  4. はみ出た部分は、つまようじで整えて!
POINT

アイコン
絞り出し三角紙
(コルネ紙)の作り方

  1. オーブン用シートをカットします。
    オーブン用シートをカットします。
  2. はじからくるりと巻きます。
    はじからくるりと巻きます。
  3. 巻き終わりをテープでとめます。
    巻き終わりをテープでとめます。
  4. ※テープが貼れない場合は、上部を内側にしっかりと折り込みます。
    ※テープが貼れない場合は、上部を内側にしっかりと折り込みます。
  5. アイシングを中に入れます。
    アイシングを中に入れます。※アイシングの入れすぎに注意。
  6. 左右三角に中心に折り込みます。
    左右三角に中心に折り込みます。
  7. 上部を2~3回折ってテープでとめます。
    上部を2~3回折ってテープでとめます。※テープが貼れない場合は、上部を2~3回しっかりと折り曲げてください。
  8. 先を少しハサミで切ります。
    先を少しハサミで切ります。※大きく切ると描くときに太くなり、小さく切ると細くなります。

「アイシングシュガーペン」なら、細かい水分調整が不要です。
ペン型だから初めてでも手軽にできます!

アイシングシュガーペン
アイシングシュガーペン
商品詳細
  • ●クッキー、ドーナツ、マフィンなどいろいろなスイーツにデコレーション!
  • ●便利なペン型
    ピンク、ホワイト、ブルーの3色セット!
  • ●3本で5cmのクッキー
    約10~12コ分をベタ塗りできます。

使い方

  • 40~50℃(お風呂より少し熱い位の温度)のお湯に3~4分つけます。
  • タオルに包んでさらによくもんでからペン先をねじり切ってください。
  • 高温のお湯につけると油が分離しやすく、ペン先がつまる原因になります。
    その場合はよくもんでからご使用ください。
  • ※出にくい場合はペン先につまようじをさして通りをよくしてください。
  • ※ヤケドには充分お気を付けください。
▶POINT
面を塗る際、アイシングシュガーペンは表面がでこぼこになる場合がありますが、乾く前に軽くクッキーをゆすったりトントンするとキレイになります。
▶冷えて固くなったら!
  1. 小さなボウルにお湯(40℃~50℃)を入れ、ビニール袋(耐熱)に入れます。
    小さなボウルにお湯(40℃~50℃)を入れ、ビニール袋(耐熱)に入れます。
  2. ビニール袋の上にアイシングシュガーペンを置きます。
    ビニール袋の上にアイシングシュガーペンを置きます。
  3. アイシングシュガーペンの中にお湯が入らないように、ビニール袋の端を結び、温めてやわらかくします。
    アイシングシュガーペンの中にお湯が入らないように、ビニール袋の端を結び、温めてやわらかくします。

いろいろな色で楽しもう!
色見本

アイシングに食用色素クチナシ色素を使っていろいろな色を付けましょう!
食用色素の場合は、絵の具を使う感覚で色を混ぜるといろんな色が作れます。
クチナシ色素の場合は優しい色合いになります。
見本を参考にいろいろな色をお試しください~♪※ホームページにて掲載のため、実物とは多少色味が異なります。

「アイシングシュガー」なら、牛乳または水を混ぜるだけで
色付きのアイシングが作れます!

  • アイシングシュガー<赤・黄・青色>
    アイシングシュガー
    <赤・黄・青色>
    商品詳細
  • アイシングシュガー(合成着色料不使用)<ピンク・黄・青色>
    アイシングシュガー
    (合成着色料不使用)
    <ピンク・黄・青色>
    商品詳細

アイシングの
応用テクニック

アイシングとアイシングシュガーペンの塗り方、模様の描き方は基本的に同じです!
バリエーションをたくさん増やしてアイシングを楽しみましょう!

  1. 応用1 お花
    お花
  2. 応用2 ドット
    ドット
  3. 応用3 ストライプ
    ストライプ
  4. 応用4 立体的な線描き
    立体的な線描き
  5. 応用5 ハート柄&トッピング
    ハート柄
    &トッピング