バター不足の今、お菓子を作るには?

いま、お菓子作りには欠かせない材料である「バター」が原料不足のため品薄状態となっています。
そこで共立食品では、バターがなくても手作りお菓子を楽しめる方法をお伝えいたします!

そもそも、バターの働きとは?

1 風味とコクをつける。
2 生地を膨らませる。
3 タルトやクッキーなどの生地をサクサク、ホロッとした食感に仕上げる。
4 パイ生地の伸びを良くする。
5 焼き色を良くする。

バターがないとき、どうしよう?

  • バターを何かで代用できる?
  • バターは 手作りできるの?
  • バターを使わないお菓子が知りたい!
マーガリンやショートニングを使ってみよう!
バターとの比較表

・バターをマーガリンに換えて作っても問題はありませんが、風味と口溶けは多少落ちます。

・ショートニングは、コクや風味はありませんが、サクサクッとした食感で美味しく仕上がります。

・バターは常温にもどさないと固くて使いづらいのですが、マーガリンやショートニングは冷蔵庫から出してすぐに使っても、らくらく混ぜることができます。

・マーガリンやショートニングを使ったクッキーは生地が柔らかくなりますので、冷凍して生地を冷やしたものを熱いオーブンに入れて焼くか、絞り出すことをおすすめします。

※焦がしバターを使うお菓子は、バターを使うことをおすすめします。
 マーガリンは高温で熱するとはねやすいので危険です。

マーガリンやショートニングで作るおすすめレシピ

パウンドケーキやクッキー、タルト、シュークリーム、パイ、アーモンドクリーム系の焼き菓子(アマンディーヌ)などを
作ってみましょう。

シュークリーム バナナブレッド チョコレートケーキ ブラウニー

ナッツたくさん!米粉のクッキー 米粉のホットケーキ 米粉の蒸しパン 米粉の プチドーナッツ 米粉のシフォンケーキ レモン風味

バターを作ってみよう!

バターの起源は、『羊の皮袋に入れたミルクが長い旅のあいだに揺られて、分離してバターと液体に分かれた』ことから発見されたと言われています。この要領で、ハンドミキサーを使ってバターを手作りしてみましょう!

ボウルに生クリーム(脂肪分47%以上)と塩ひとつまみ入れ、ハンドミキサーで約5分、ポロポロの状態になるまで泡立てます。黄色い小さなつぶつぶになり、水分が出てくるので、それをすてて、再度泡立てます。これを2回繰り返し、クリーム状にねっとりとするまで約10分混ぜます。固形分を手でしっかりと絞り、水分をすててお好みで食塩を加えます。
(無塩バターは塩分を加えません。)200ccの生クリームで約120gのバターが仕上がります。

バターいらずのレシピをご紹介!

バターがないけれど、どうしてもケーキが食べたい!
そんなときにもおすすめなのが「バターを使わないレシピ」です。バター不足で入手困難なときにも、こちらで乗りきりましょう。

ビスキュイの ロールケーキ ビスキュイショコラのロールケーキ ココア シフォンケーキ スパイス シフォンケーキ トマトのシフォンケーキ

スフレ チーズケーキ マカロンチョコ アーモンド メレンゲ 蒸しパン 黒糖蒸しパン